目隠しのために最適な樹脂フェンス設置場所

最近では、敷地の内側と外側を区切らないオープン外構やセミオープン外構などが増えています。開放感ある外構であっても、目隠しが必要になることもあり、フェンスを設置するケースが多いです。目隠しフェンスのメリットや必要性は、通行人に庭や家の中をのぞかれることがないということです。リビングでくつろいでいるところや、庭でのんびりしているところ、入浴中、食事中などの姿は、他人に見せるものではありません。カーテンを閉めると風通しがあまり良くありませんし、窓を閉めると換気ができません。その点、目隠しフェンスは、十分な日光や風通しが得られ、人目だけを遮ることができ、プライバシーを守ることができます。外から家の様子を見られると、場合によっては犯罪につながることもあります。通りに面している家ほど、目隠しは必要と言えます。

目隠しするなら樹脂フェンスがおすすめ

目隠しフェンスを設置するなら、樹脂フェンスがおすすめです。樹脂は腐ることがなく、色褪せもしません。また、仕上がりがきれいで色のバリエーションも豊富です。オフホワイトからシンプルなウッドカラー、ブラウン、イエローグリーン、そしてライトグレーやダークブラウンなどがあります。ロマンチック仕様にもモノトーン仕様にも対応できるのが樹脂フェンスの特徴とも言えます。金属や木と比べると傷が目立ちやすい素材ですが、お手入れの際に柔らかい布を使うことさえ注意すれば、全く問題はありません。また、価格の面でもおすすめで、3枚設置した場合の費用の一例は、材料代がフェンス一式約13万5000円、基礎・固定金具が一式約19000円、諸経費が約18000円に作業代がプラスされます。1枚につきおよそ57000円ほどです。

目隠しするのに最適な設置場所とは

目隠しフェンスを設置するのに最適な場所は、「リビング」や「浴室」の窓の前です。目隠しフェンスを設置する場所として最も多いです。圧迫感を心配する人もいますが、しっかりと人目を遮るのに圧迫感を感じることのない距離というものがあります。その距離は、専門の業者に相談しながらの設置となります。明るいカラーの目隠しフェンスを選ぶとさらに圧迫感が少なくなります。他には「庭」で、最近では庭がリラックスの空間となっていますので、設置することで人目を気にせず庭に出ることができるようになります。また、小さな子供も安全に遊ばせることができます。他にも、隣家に面している窓にも設置されます。お互いに気をつかわずに生活ができます。設置の際は、隣家に挨拶を欠かさないことが大切です。塀のつぎ足しでも利用され、低過ぎて役に立たない塀に、目隠しフェンスをつぎ足して家の中を隠します。塀を変えるより安くつきます。