樹脂フェンス設置の際のコツと注意点

外構は家の印象を大きく変えるものであり、プライバシーを守り防犯性能を高めてくれるもので、とくに注目度が高くなっている樹脂フェンスは、防腐剤を塗布しなくても腐らなくて丈夫なところが話題となり、広く用いられるようになってきました。施工するとき、業者にお任せする場合が多いでしょう。しかしDIYを得意としている人や趣味として始めた人は、自分で外構を整えたいと考え、材料をホームセンターに買いに行く場合も割と多くなっています。業者に頼むときも、自分で設置を行う時もそれぞれコツと注意点があり、しっかりと把握しておかなければ、後悔することになりかねません。経年劣化に強く色あせない素材で長持ちするからこそずっと使い続けて満足できるように、十分検討を行うべきです。

デザインにこだわっておしゃれに見せるコツ

種類やカラーが豊富にあるため、慎重に選ばないとアルミ素材のものよりも安っぽく見えてしまうことがあります。費用をかけたのにもかかわらず安っぽいと、外構を整えて外観をきれいにした意味が薄れてしまいます。格調高い見た目を演出してくれるのは、樹脂フェンスの中でも木粉を配合した木目調デザインで、モダンに仕上げられているタイプです。黒色系であれば重厚感が出ますし、白色系であれば明るく欧米風な印象を与えます。ガーデニングに凝っている場合には、周りの人に見えるように高さをあまり出さないようにしたり、板間隔が広めのものを選びがちですが、目隠しとしての機能を考えると不十分になってしまうことがあるので、何を重視するかによってデザインを選ばなければ、不十分な機能になってしまいます。

安全に設置するために欠かせない注意点

高さを出すほど、しっかりとした基礎を作らなければなりません。コンクリートでつくったり、基礎石を埋め込むときは、支柱をしっかりと支えられるように深さと間隔が必要です。業者に依頼するときも、基礎がしっかりと作られているか、柱がモルタルで隙間なく固定されているか確認を行うべきです。種類によってはガーデニング用の、置くだけの樹脂フェンスがありますが、家の周りを囲う際に置くだけのものはよくありません。台風などで動いたり、地震の際に倒れる可能性も出てくるからです。敷地の境界を越えて移動してしまうとトラブルになる可能性が出てきます。目隠しとして設置するとき、外から侵入者がっても発見しにくいことがデメリットであるといえるため、防犯センサーなどを併用する必要があります。家との統一感がある、外構スタイルを選択しましょう。