簡単に組み立てられる樹脂フェンスの組立手順

戸建て住宅にお住まいの方が困りごとに感じている内容があり、その中には自宅が道路側や隣接している住宅から丸見えになっていることも想定できます。このような状況ならばプライバシーを守ることができないので、外塀などを設置される方もいます。しかし、外塀の場合では圧迫感を感じてしまうことがあり、日差しが入り込まなくなってしまう問題点が出てしまう場合もあります。現在では住宅の目隠し用としてフェンスを設置する方法も人気があり、このタイプの場合では外塀で感じてしまう不具合を解消することが可能です。フェンスとして販売されているものは多数ありますが、その中でも高い人気を誇るものには樹脂フェンスを挙げることができます。木目調の美しい表面に仕上がっているものも多く、組み立ても簡単なのであらゆる住宅に設置することができます。

土台部分をしっかりと設けることが大切です

敷地の境界部分に対してフェンスの設置を希望している方ならば、現在では樹脂フェンスを活用する方法があります。腐食を起こさない素材になるので、長期的に使い続けられるメリットがあります。組み立て手順に関しては、最初に土台部分をしっかりと施工する必要があります。購入したフェンスのキットによって違いはありますが、フェンスブロックを使って固定するタイプもあります。ブロックの穴に柱を固定する方法になり、周囲をモルタルで固める方法で安定させることができます。他の種類では地面に埋め込む土台を使い、柱を支えるパーツが付属しているものもあります。どのようなパーツでも地面と接触する場所に関しては、しっかりと固定を行うことが大切になり、使用中に倒壊してしまうことが無いように十分な配慮を行うことが基本です。

目隠し部分の設置は簡単にできます

樹脂フェンスを購入して自宅にDIYとして設置する方のケースでは、土台部分と柱を固定して、安定した枠を作ることが先決です。この作業が終わった場合では、肝心な目隠し部分を設置することになりますが、購入するフェンスの種類によって組み立て方法が変わります。簡単なものでは枠の横側からスライドさせて目隠し板を設置できるものも存在していて、このタイプの場合では短時間で作業を終わらせることができます。フェンス部分に隙間を設けるタイプの場合では、柱に対してビスで固定する方法を選択しているものもあります。ビス式の場合ではドライバーで簡単にネジ止めを済ませることができるので、多くのケースで迷うことなく組み立てを行うことができます。重要な場所にはジョイント用の金具が用意されているキットもあるので、非常に便利で安全に組み立てを行うことができます。

30代から50代のお客様が多くご利用されています。 フェンスを中心に雑貨や肥料などを品揃えしております。主力の商品は樹脂製のフェンスです。 施工楽々『ぽんと置くだけフェンス』は当店の人気ナンバー1! 各種無料サンプルは、午前中までの請求で当日発送。(土・日・祝除く) これまで多くの消費者に品質で納得、満足をしていただいております。 樹脂フェンスをお探しなら日本製のガーデンライフ彩